新型コロナウイルスに対する感染抑止措置

弊社は、新型コロナウイルスに対する感染抑止措置を状況に合わせて実施させて頂いています。
今後の第二波の恐れもあるコロナ禍にあっても安全に企業活動を継続していくために「新たなビジネス様式」の確立に努めております。

当面の間は、下記の通り業務を実施させて頂きます。

・企業活動制限及び物流/供給の混乱に伴う納期遅延のお願い
生命、身体の保護を最優先とし、対外接触機会や移動を減らしながら企業活動自体は可能な範囲内に限って実施いたします。
国内外サプライパートナー様等からの部材等に未だ供給困難や遅延が発生しており、弊社側からお客様への納期やサービスにも影響が出る場合もあります。
新型コロナウィルス関連の検知、ワクチン、新薬、抗体などの研究にマイクロ流体技術・マイクロ流路チップ等をご検討のお客様には優先的な対応やアカデミック割引(大学/公官庁)を行います。

・リモート・テレワーク体制/「痛勤」の排除
3人以上が一度に集まる状況の発生や「痛勤」を回避する為、原則リモート・テレワークの形態にて勤務させて頂きます。
お客様拠点にて実施してきたサポート業務などはライブ動画や画面操作共有等でのWEB会議システムにて実施させて頂きます。
スタッフ各自が任意日時に勤務する「スーパーフレックス制」採用の為、担当者が社会一般的な営業日の営業時間において繋がらなかったり、稼働日時のずれによるレスポンス遅延も予想されます。

・出張の原則禁止
日本政府による外出・越境移動自粛要請期間及び「自粛警察」によるスタッフへの危険が予想される間は、出張を禁止致します。
サポート活動はライブ動画や画面操作共有等でのWEB会議システムにて実施させて頂きます。
装置設置納品等は当該期間後へ延期又はオンラインサポート下でのお客様サイドでのお受け取り・開梱とさせて頂きます。
プライベートにおいても当該期間中の旅行を禁止し、不要不急の外出等を行わないように要請します。

・お打合せ及び会議のオンライン実施
日本政府による外出・越境移動自粛要請期間中は、社外の方とのお打合せ及び会議について、全てオンラインで実施させて頂きます。
オンライン化により対面飛沫拡散やお茶出し等による感染リスクを無くさせて頂きます。
感染リスク低減の為、オンライン会議中における水分補給は励行致します。

・公共交通機関及びタクシーの利用回避
日本政府による外出・越境移動自粛要請期間中は利用を禁止致します。
日本政府による外出・越境移動自粛要請期間後にも公共交通機関及びタクシー等を可能な限り回避します。
プライベートにおいても公共交通機関及びタクシーの利用を可能であれば避けるように要請します。

・展示会、イベント、会議等への参加自粛
日本政府による外出・越境移動自粛要請期間中は、社外の方との対面接触や移動を伴う展示会、イベント、会議への参加を一切禁止させて頂きます。
当面の間は、オンラインにおける会議やセミナー等、対面接触や移動を伴わないバーチャルなイベントのみ参加や開催させて頂きます。
プライベートにおいても日本政府による外出・越境移動自粛要請に合致した行動を取るように要請し、自粛対象のイベントへの参加は禁止します。

・社外の方の入場お断り
感染症対策に必要な消毒剤の供給が滞っている為、当面の間は、社外の方の入場をお断りさせて頂きます。
マスク着用の上での屋外や出入り口等での短時間での物品及び書類の受け渡し等は実施させて頂きます。

・飲食店利用や飲食接待の禁止
日本政府による外出・越境移動自粛要請期間中は、業務時間帯における飲食店(外食店)利用や飲食接待を禁止します。お茶出し含め外部の方への飲食物の提供も禁止します。
お弁当や持ち帰り(テイクアウト)等、自宅等不特定多数がいない状態での飲食を行う為の短時間の入店・受け取りの場合は禁止対象より除きます。
プライベートを含め、「3密」による感染クラスター(集団感染)の発生が確認されているような休業要請対象店舗・施設等の利用を禁止します。
プライベートにおいても感染リスクを伴う飲み会の開催等を行わないように要請します。

・防護措置/感染防止措置の実施
業務を行うにあたり、手洗いや手指消毒等は頻繁に行うものとします。
通常時における滅菌処理製品以外でも可能な限り受入品や製品への適切な滅菌処理を実施いたします。
手袋やマスク等必要な用具の装着の上で製品取扱等を実施致します。(防護用具等の不足に伴い、滅菌処理等をした上でマスク等の複数回使用も行います。)
屋外や出入り口等での短時間での物品及び書類の受け渡しを含め社外の方と接触する際はマスク着用等の必要な防護措置を実施させて頂きます。
プライベートにおいても外出時のマスク着用や手洗い等の可能な感染予防措置を行うように要請します。

・接触お断り及び隔離措置の実施
下記いずれかの項目に該当のある社外の方は対面接触をお断りし、社内の場合は必要な隔離措置を実施いたします。

  • 発熱(平熱を超える発熱)
  • 喘息やアレルギー以外での咳や風邪の症状のある方
  • 海外滞在歴(30日以内)
  • 感染陽性
  • 濃厚接触者
  • 健康観察対象者
  • 社外の重症化リスクの高い方(高齢者や基礎疾患がある方等)へは、可能な限り対面接触回避を要請し、そういった方々への感染リスクを少しでも低減するように努力させて頂きます。
    プライベートにおいても該当者と思われる方への「ソーシャルディスタンス」(社会的距離)をとるよう要請します。

    ・感染陽性、濃厚接触者認定や健康観察対象者発生の場合の休業
    感染陽性、濃厚接触者認定や健康観察対象者発生の場合には予告なく関係者の業務停止や全社的休業等を実施させて頂く場合があります。

    ・予防的業務停止・臨時休業の実施可能性
    日本政府発令の緊急事態宣言の有無に関わらず、生命、身体や財物の保護の為、事前の予告なく関係者の業務停止や全社的臨時休業等を緊急に行わせて頂く場合があります。

    関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。