マイクロハイドロゲル作製装置 DMHGSシリーズ

 
マイクロハイドロゲルビーズ作製マイクロハイドロゲル作製装置 DMHGSシリーズは、三次元構造を持つアガロース、ヒアルロン酸,アルギン酸などの多糖類、ゼラチンやコラーゲンなどのタンパク質、ポリエチレングリコールジアクリレート(PEGDA)などの樹脂を含む様々な材料のマイクロゲルビーズ(直径数µm~数百µm)をハイスループットで作製する装置です。高精度マイクロ流体制御技術によりハイスループットで高品質・高再現性のハイドロゲル作製を可能にします。

 
主な用途

 
マイクロハイドロゲル作製装置DMHGSシリーズの特徴

  • ハイスループット:毎秒万単位のマイクロハイドロゲル粒子生成※1
  • 高出力:Pro 700kPa(7000mbar)Basic 200kPa(2000mbar)
  • 高品質:再現性のある単分散なドロップレット生成(CV5%※1)
  • 高精度:流量フィードバック制御※2
  • 応用性:2液混合や各種溶剤・ゲル材料にも対応
  • 自由度:特定のプロトコールに拘束されない自由なパラメーター設定
  • 拡張性:用途や研究の幅に合わせて構成組み替えや拡張も自由自在
  • 可視性:高速デジタル顕微鏡によってリアルタイムイメージング/録画
  • 微量サンプル対応:希少なサンプルにも対応可能※2
  • 温調オプション:サンプルやゲル材料等の温度管理が必要な実験向けに0〜100℃の温度制御

※1:参考値であり、使用するチップやプロトコル等に依ります。
※2:機種によりオプション対応となります。
※3:画像はイメージ例であって実際の装置外観と差異が生じます。

 
マイクロハイドロゲル粒子作製の様子


両側から交差する均等な油相の流れによって定量の水相ドロップレット形成が行われます。ドロップレット形成直前に2液混合を行うマイクロ流体チップは、ゲルへの細胞を注入する三次元細胞培養やバイオアッセイ開発にも向いています。

 
装置構成参考価格帯
Basic 2系統モデル(ポンプ2ch):295万円~(各オプション別途、別途据付設置・運送費用、税別)
Basic 3系統モデル(ポンプ3ch):340万円~(各オプション別途、別途据付設置・運送費用、税別)
Pro 3系統モデル(ポンプ3ch):598万円~(各オプション別途、別途据付設置・運送費用、税別)
※参考価格帯は、一例であり、装置構成、オプション機能及び仕様に依ります。構成的、仕様項目をご要望をお聞きした上で追加オプションが必要な場合や、不要な部分を省略する価格低減オプションが適用される場合もあります。
※特定のご予算枠に当てはまる限定仕様の装置をご要望の際は、弊社までご相談ください。
※消耗品は、装置参考価格帯に含まれません。
※随時更新されますが、急激な調達コスト変動に対応できず、予告なく変更になる場合があります。
※価格情報は参考です。商流や購入時期等によって上下するオープン制で変動的のため、ご購入検討の際は都度お見積依頼ください。

 
DMHGSシリーズカタログ
改訂中

 
参考文献

  • Jang, Minjeong et al. “Droplet-based microtumor model to assess cell-ECM interactions and drug resistance of gastric cancer cells.” Scientific reports vol. 7 41541. 27 Jan. 2017, doi:10.1038/srep41541

 

お問い合わせ
お問い合わせ

詳細お問い合わせは、こちらで受付しております。通常、2営業日以内にご返信をいたします。

※新型コロナウイルス対策下の為、通常よりもお時間を頂く場合がございますが、何卒ご容赦ください。

※フォーム営業及びスパム・迷惑行為は禁止です。

ご回答以外の不要な営業アプローチをすることはありませんのでお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせフォーム

*は必須項目です。

    ご希望の連絡手段*
    特に指定無しメール電話FAX

    お問い合わせ内容*
    製品情報製品見積サポートその他


    ※フォーム営業及びスパム・迷惑行為は禁止です。
    ※商社様等で直接ご使用になられないお客様の場合には該当製品名、ユーザー様情報等をご提供ください。
    ※装置見積や受注生産品・特注品の御見積にはお時間を頂く場合がありますが何卒ご容赦ください。
    ※お取引条件や価格に関して、それぞれの商流やお客様によって異なる場合があります。
    ※ご使用目的、お取引条件などによっては法規や会社規定によってお取引をお断りする場合があります。
    ※既存商流以外や複数社からの相見積案件には対応できない場合があることをご了承ください。

     

    その他連絡先  

    ◆Email(各種お問い合わせやご注文用、セールスお断り)

     

    FAX(メール以外での御見積依頼、ご注文時等)