ハイドロゲルビーズ作製

単分散で再現性のあるマイクロハイドロゲルビーズ

マイクロハイドロゲルビーズ作製マイクロ流体チップを用いると、三次元構造を持つアガロース、ヒアルロン酸,アルギン酸などの多糖類、ゼラチンやコラーゲンなどのタンパク質、ポリエチレングリコールジアクリレート(PEGDA)などの樹脂を含む様々な材料の短分散なマイクロゲルビーズ(直径数µm~数百µm)をハイスループットで作製することが可能になります。
 
 
 
 
主なハイドロゲルの種類

材質ゲル化方法作製装置
コラーゲン温度差DMHGシリーズ
アガロース温度差DMHGシリーズ
ゼラチン架橋結合DMHGシリーズ
アルギン酸カルシウム塩添加析出DMHGシリーズ
ポリエチレングリコールジアクリレート
(PEGDA)
光硬化DMHGシリーズ

近年は新しい生体適合性ハイドロゲルが開発されていますので用途は広くなっていくと思われます。

 

マイクロハイドロゲルビーズ用途例

  • 3D細胞培養/スフェロイド作製
  • 抗体アッセイ
  • ドラッグデリバリーシステム(DDS)研究
  • 生体・抗体医薬DDS研究
  • シングルセル解析/イメージング
  • 化粧品材料
  • 食品・サプリメント材料
  • 新材料・素材研究開発

マイクロ流体チップを用いたハイドロゲルマイクロドロップレット作製の様子

 
作製装置

マイクロハイドロゲル作製装置 DMHGSシリーズ
>>詳細はこちら

参考文献

  • Jang, Minjeong et al. “Droplet-based microtumor model to assess cell-ECM interactions and drug resistance of gastric cancer cells.” Scientific reports vol. 7 41541. 27 Jan. 2017, doi:10.1038/srep41541doi:10.1038/srep41541