再生医療研究

心筋組織の再生


Tang et al., “Induction and differentiation of human induced pluripotent stem cells into functional cardiomyocytes on a compartmented monolayer of gelatin nanofibers.” Nanoscale, 2016, 8, 14530

生体親和性ナノファイバー培養担体膜とヒト人工多能性幹細胞(hiPSC)のユニークな特性により、フラットまたは半球のhiPSCコロニーが各ハニカム区画で形成され、均質な分化がもたらされます。このように、に由来する心臓やニューロンなど機能性細胞パッチは、in vitroで形成することができます。

PEGDA製ハニカムフレーム上に形成された単層ゼラチンナノファイバーは、少ない外因性接触と高い細胞間交換率で細胞を培養が可能にし、hiPSCコロニーが各ハニカム区画に均一に形成できます。 ROCK阻害剤Y-27632の処理時間を調整することにより、hiPSCコロニーの形状を平らな層から半球まで制御できます。hiPSCの誘導と分化は同じ膜上で発生し、均一な収縮を伴う良質な心筋層形成に至りました。

 
参考文献

  • Tang et al., “Induction and differentiation of human induced pluripotent stem cells into functional cardiomyocytes on a compartmented monolayer of gelatin nanofibers.” Nanoscale, 2016, 8, 14530. DOI: 10.1039/c6nr04545f