三次元細胞培養・オルガノイド作製

オンチップ三次元細胞培養・オルガノイド作製へ

古典的な創薬では、前臨床試験のために動物実験と組み合わせた二次元細胞培養が使用されます。二次元細胞培養も動物試験も、人体における細胞の生体内微小環境を真に再現していません。
このような状況から脱却するには、生体内の状態を忠実に模倣したラボオンチップデバイスで三次元細胞培養(3D細胞培養)を行うことが必要です。この新しい創薬アプローチでは、動物実験を大幅に削減することによってコストを10分の1位に削減しつつ結果を10倍にも早く達成することができると期待されています。

このような生体内微小環境を再現するラボオンチップデバイス等を用いる動物実験代替法の革新的なアプローチは、がん個別化医療や再生医療の普及に貢献します。

 
がん細胞モデル構築アプリケーション例
①がん細胞の浸潤と転移

IC-Chip上にて蛍光標識されたがん細胞が化学誘引物質の濃度勾配に沿って細胞外マトリックスを移動する様子

>> 細胞浸潤・走化性チップ IC-Chipの詳細はこちら

 
②がん細胞の溢出(遊出)

IC-Chip上にて蛍光標識された乳がん細胞(MDA -MB -231)がEnd3内皮細胞と相互作用し、内皮単層を介しIC-Chipのマトリックス流路部へ溢出(遊出)した様子

>> 細胞浸潤・走化性チップ IC-Chipの詳細はこちら

 
参考文献