シングルセル単離

各シングルセルを隔離した状態で維持

近年は、細胞集団における個々の単一細胞の違いや特定のシングルセル遺伝子情報にフォーカスしたシングルセル研究が脚光を浴びていますが、シングルセルでの分析を行うには、細胞懸濁液から各シングルセルを個別に隔離しておくシングルセル単離工程が必要となってきますです。各シングルセルが隔離されていない状態では、せっかく調整したシングルセルも凝集してしまい、後工程では混雑したデータしか得ることができません。

 
マイクロ流体技術を用いたシングルセル単離

①流路分岐によるシングルセル分注
煩雑なマニュアル操作や高価な装置導入を行わなくてもシングルセル分注・培養プレートSmart Aliquotorシリーズの様な簡易的な器具を用いれば、ピペットから注入した少量のサンプル液をプレート上のマイクロ流路によって各ウェルへ均一に分注し、シングルセル単離処理を簡便でかつ廉価に実施することが可能になります。分注したシングルセルをウェル内で単離したままシングルセルクローニングすることも可能です。

>> シングルセル分注・培養プレートSmart Aliquotorシリーズの詳細はこちら

 
②ドロップレットを用いたシングルセル単離装置
多くのシングルセル解析用自動単離プラットフォームが活躍する現在も、マイクロ流体チップやマイクロ送液ポンプなどで構成された半自動的なマイクロ流体システムは、既存のscRNA-Seqでは対応できないアプリケーションや新たなプロトコール開発には役立ちます。
ドロップレット シングルセル単離

ドロップレットによるシングルセル単離シングルセル・微生物単離装置 DMSCSシリーズは、マイクロ流体チップを用いて様々な細胞/細菌やバイオ分子などのサンプルをマイクロスケールのドロップレット(エマルジョン)にハイスループットで単離・区画化するシステムです。モジュール構成による柔軟性・拡張性と特定のプロトコールや試薬に拘束されないオープン性により、様々なアプリケーションや独自の研究開発が可能になります。

DMSCSシリーズを用いればマニュアル操作と比べ効率的にシングルセル単離(カプセル化)や細胞のアッセイ処理などを行うことができますが、既存のプロトコールを用いて数多くの解析作業をこなしていくには、既に実績のあるシングルセル解析用全自動単離プラットフォームの方が適任です。

>> シングルセル・微生物単離装置 DMSCSシリーズの詳細はこちら

 
参考文献

  • Gross, Andre et al. “Technologies for Single-Cell Isolation.” International journal of molecular sciences vol. 16,8 16897-919. 24 Jul. 2015, doi:10.3390/ijms160816897
  • Nguyen, Quy H et al. “Experimental Considerations for Single-Cell RNA Sequencing Approaches.” Frontiers in cell and developmental biology vol. 6 108. 4 Sep. 2018, doi:10.3389/fcell.2018.00108
  • Valihrach, Lukas et al. “Platforms for Single-Cell Collection and Analysis.” International journal of molecular sciences vol. 19,3 807. 11 Mar. 2018, doi:10.3390/ijms19030807
  •  

    お問い合わせ
    お問い合わせ

    詳細お問い合わせは、こちらで受付しております。通常、2営業日以内にご返信をいたします。 

     

    新型コロナウイルスに対する感染抑止措置/リモート体制の下で業務を実施させて頂いている為、通常よりもお時間を頂くことや臨時休業に伴う遅延の可能性がありますが何卒ご容赦ください。
    お問い合わせは下記お問い合わせフォームやメール等のオンライン経由をお勧めしております。

    ご回答以外の不要な営業アプローチをすることはありませんのでお気軽にお問い合わせください。

     

    お問い合わせフォーム

    *は必須項目です。

    ご希望の連絡手段*
    特に指定無しメール電話FAX

    お問い合わせ内容*
    製品情報製品見積サポートその他

    オフィス業務休業(WEB対応、受注、調達及び製造・出荷を除く)のお知らせ
    臨時休業:11月27日より毎週金曜日(当面の間)
    冬期休業:12月26日~2021年1月5日

     

    ※商社様等で直接ご使用になられない場合には該当製品名、ユーザー様情報等をご提供ください。

    ※装置見積や受注生産品・特注品の御見積にはお時間を頂く場合があります。

    ※お取引条件や価格に関してはそれぞれの商流やお客様によって異なる場合があります。

    ※ご使用目的などによっては法規や会社規定によってお取引ができない場合があります。  

     

    その他連絡先  

    ◆Email(お問い合わせ用)

     

     

    FAX(見積依頼、ご注文時等) FAXは平常通り受信しております。