シングルセル単離

各シングルセルを隔離した状態で維持

近年は、細胞集団における個々の単一細胞の違いや特定のシングルセル遺伝子情報にフォーカスしたシングルセル研究が脚光を浴びていますが、シングルセルでの分析を行うには、細胞懸濁液から各シングルセルを個別に隔離しておくシングルセル単離工程が必要となってきますです。各シングルセルが隔離されていない状態では、せっかく調整したシングルセルも凝集してしまい、後工程では混雑したデータしか得ることができません。

 
マイクロ流体技術を用いたシングルセル単離

①流路分岐によるシングルセル分取
煩雑なマニュアル操作や高価な装置導入を行わなくてもシングルセル分取・培養プレートSmart Aliquotorシリーズの様な簡易的な器具を用いれば、ピペットから注入した少量のサンプル液をプレート上のマイクロ流路によって各ウェルへ均一に分取し、シングルセル単離処理を簡便でかつ廉価に実施することが可能になります。分取したシングルセルをウェル内で単離したままシングルセルクローニングすることも可能です。

>> シングルセル分取・培養プレートSmart Aliquotorシリーズの詳細はこちら

 
②ドロップレットを用いたシングルセル単離装置
多くのシングルセル解析用自動単離プラットフォームが活躍する現在も、マイクロ流体チップやマイクロ送液ポンプなどで構成された半自動的なマイクロ流体システムは、既存のscRNA-Seqでは対応できないアプリケーションや新たなプロトコール開発には役立ちます。
ドロップレット シングルセル単離

ドロップレットによるシングルセル単離細胞・バイオ分子単離装置 DMSCSシリーズは、マイクロ流体チップを用いて様々な細胞/細菌やバイオ分子などのサンプルをマイクロスケールのドロップレット(エマルジョン)にハイスループットで単離・区画化するシステムです。モジュール構成による柔軟性・拡張性と特定のプロトコールや試薬に拘束されないオープン性により、様々なアプリケーションや独自の研究開発が可能になります。

DMSCSシリーズを用いればマニュアル操作と比べ効率的にシングルセル単離(カプセル化)や細胞のアッセイ処理などを行うことができますが、既存のプロトコールを用いて数多くの解析作業をこなしていくには、既に実績のあるシングルセル解析用全自動単離プラットフォームの方が適任です。

>> 細胞・バイオ分子単離装置 DMSCSシリーズの詳細はこちら

 
参考文献

  • Gross, Andre et al. “Technologies for Single-Cell Isolation.” International journal of molecular sciences vol. 16,8 16897-919. 24 Jul. 2015, doi:10.3390/ijms160816897
  • Nguyen, Quy H et al. “Experimental Considerations for Single-Cell RNA Sequencing Approaches.” Frontiers in cell and developmental biology vol. 6 108. 4 Sep. 2018, doi:10.3389/fcell.2018.00108
  • Valihrach, Lukas et al. “Platforms for Single-Cell Collection and Analysis.” International journal of molecular sciences vol. 19,3 807. 11 Mar. 2018, doi:10.3390/ijms19030807
  •