Q.詰まりの予防方法

A.詰りを予防するために送液対象の液体は予めフィルターやメッシュによってホコリなどの異物を除去してください。オイルや緩衝液などサンプルや粒子を含まない液体は、0.22µm程度の孔径のフィルター、サンプルや粒子を含む溶液を流す場合は、それらが通過できる孔径のフィルターやメッシュをご使用ください。チップ流路合流部幅に対して1/5程度以下のサイズのサンプルや粒子を流すようにしてください。
また、ホコリなどの混入を抑える為に実験装置/溶液周辺では必ず発塵性の低いキムワイプ等の製品をご使用ください。